管理人の廃車履歴

管理人の廃車履歴

廃車

車生活はもう長くなりますが、最初に乗った車と最後に乗った車で2回の廃車を経験しています。

 

そんな管理人の廃車経験を紹介します。


最初の廃車

最初に乗った車は友人から譲り受けた10年落ちぐらいのオンボロの中古セリカでした。
全面的に塗り替えられており、もしかしたら事故車だったのかもしれません。

 

この時は、免許取得後の数年間、公道を一度も運転したこともない完全なペーパードライバーでした。
車を買い換えるという友人に「まだ車検が半年ぐらい残ってるけど5万でどう?」と持ちかけられたのですが。
このままずっとペーパードライバーのままっていうのもなんなので、とりあえず練習用にいいかも、というわけで即決しました。

 

予想どおりあちこちかすったり、ぶつけたりました。
車検を受けてまで乗り続けるには、あまりにもボロボロだったので、練習だけして、車検時期が来たら元の車無し生活に戻るつもりでした。
ほどなく車検時期が来たので、お世話になっていた近所の修理工場に出向いて廃車について聞きました。

 

当時はインターネットなどまだ影も形もない時代だったので、情報収集といっても限りがありました。

 

「廃車にかかる費用とスクラップ代でチャラでいいよ。」と修理工場のおっちゃんに言われ、ダタですんだということで、ホッとしたと同時にちょっと得したような気分にもなった覚えがあります。

 

この時は廃車関係の書類の類はいっさいもらっていません。
この車の自動車税の納付書は来なかったので、手続きは間違いなく行われたようです。

2回目の廃車

車無し生活に戻るつもりが、結局のところ、ずっと車有り生活を送ることとなりました。
その後、1台中古車に乗った後、新車のオーナーとなり、さらに1回新車に乗り換えました。
その車の廃車がこの度の事例になります。
平成7年に新車で購入したカローラツーリングワゴンですが、なんと17年乗り続けました。

 

長く乗り続けた車には愛着がわいてくるものですが、7~8年を超えたあたりから、車検を受ける際に整備費用がかかるようになります。
タイヤは当然として、エンジンは元気でも、マフラー、ブーツなど、足廻りの部品の交換が必要になります。
駐車場を借りていれば、その費用もかかるし、任意保険料もばかにらない。
ということで、利便性がそれなりに高い都内に住んでおり、レジャー以外で車をあまり使うことがなくなったこともあり、いったん車生活に別れを告げることにしました。

 

正直いって、この時点では、廃車で税金以外にお金が戻ってくるとは思っていませんでした。
なんといっても17年落ちの車です。
ただ、いろいろ調べてみると、スクラップとしての買取で多少は戻ってくるらしいということがわかりました。

 

実際にはそれだけではなく、事故車、不動車、古い車でも高額で買い取ってくれる専門業者があります。

 

そのような専門業者に査定を依頼して少し競ってもらったところ、思わぬ高額での買取となりました。

 

何も知らずに廃車してしまった場合と比べると、廃車で10万円以上も得したことになります。

【カーネクスト】
事故車や不動車でも全国対応で買取可能!

廃車はもとより、事故車や不動車でも買取可能です。
廃車レッカー代、手続き代行料などの費用も無料です。
高額の査定額が期待できるので、多数の査定サービスを依頼する時には外せません。
【事故車買取のタウ】
事故車買取シェア№1の事故車買取のパイオニア!

年間5万台の事故車買取実績があり、高額買取が期待できます。
全国無料出張査定が可能です。
レッカー代、手続き代行料の費用もかかりません。
【カービューの事故車査定】
事故車や不動車でも全国対応で買取可能!

事故車・不動車買取専門店が査定するので、高額査定が期待できます。
390万人超の利用実績があるので安心です。
有名店から地域密着専門みせまで、自宅近くの専門店が見つかります。