廃車 自動車税 重量税 自賠責保険

廃車で戻ってくるお金

廃車

自動車を所有する人は、自動車税重量税等の税金の納付のほか、自賠責保険の保険料の支払いが必要になります。

 

これらは一定期間の分を一括で支払うため、期間の途中で廃車手続きを行った場合、残りの期間の分が還付されます。


自動車税

自動車税は、毎年4月1日午前0時時点の所有者に対して請求されます。
ゴールデンウィークが終わった頃に納付用紙が届き、5月中を目処に支払うことになります。

 

年度ごとに支払う税金なので、4月が初月、3月が最終月となります。
年度の途中で廃車した場合、残りの分が月割りで還付されます。

 

自動車税は、永久抹消でも一時抹消でも、抹消の種類に関係なく還付されます。
特に手続き等の必要はなく、廃車手続き完了後、還付金の通知が届くのをただ待つだけです。

 

抹消登録を行ってから通知が届くまでには、通常1ヶ月程度かかるようです。

自動車重量税

自動車重量税は車検の時に一括で次の車検までの分を納めます。
したがって、車検の残存期間がある場合、残っている分が月割りで還付されます。

 

還付をうけるためには、廃車手続き(永久抹消)の際、いっしょに還付申請書を提出します。
還付されるまでには審査等がある関係で3ヶ月ほどかかるようです。

 

自動車重量税はその車が存在し続ける限り発生する税金なので、永久抹消の場合は還付されますが、一時抹消の場合は還付されません。
買取した車は転売することも多く、その場合は一時抹消となるので、廃車したからといって必ずしも還付されるとは限らないことになります。

 

自動車重量税は使用している人が払うのが理にかなっています。
したがって、転売する場合には、自動車重量税の還付分については、買取価格に含まれるのが一般的です。

自賠責保険

自賠責保険は、契約期間が1ヶ月以上残っている場合に解約返戻金を受け取ることができます。

 

加入している保険会社の窓口に必要書類を持って手続きをすることによって受け取ることができます。

車検満了時に廃車する場合の還付時期

廃車

期限ぎりぎりまで乗って、車検満了当月に廃車にするという人は少なくないと思います。

 

この場合、自動車重量税と自賠責保険の戻りはなく、自動車税のみの還付になります。

 

管理人の場合、6月に廃車手続きを行ったため、7月以降の9ヵ月分が還付されました。

 

手続き完了から還付までかなり待たされるのかと思っていたら、1ヶ月かからずに「振替払出証書」が届きました。

 

この「振替払出証書」を印鑑・免許証とともに近くの郵便局に持っていくと、すぐに換金できました。


【カーネクスト】
事故車や不動車でも全国対応で買取可能!

廃車はもとより、事故車や不動車でも買取可能です。
廃車レッカー代、手続き代行料などの費用も無料です。
高額の査定額が期待できるので、多数の査定サービスを依頼する時には外せません。
【事故車買取のタウ】
事故車買取シェア№1の事故車買取のパイオニア!

年間5万台の事故車買取実績があり、高額買取が期待できます。
全国無料出張査定が可能です。
レッカー代、手続き代行料の費用もかかりません。
【カービューの事故車査定】
事故車や不動車でも全国対応で買取可能!

事故車・不動車買取専門店が査定するので、高額査定が期待できます。
390万人超の利用実績があるので安心です。
有名店から地域密着専門みせまで、自宅近くの専門店が見つかります。