廃車の見積もり結果

廃車の見積もり結果

廃車

各社の具体的な見積もり内容については以下のとおりです。
電話交渉で見積もり金額が変わった場合、最終的な金額を記載しています。
※業者名の後の「パターン」については次のページに解説があります。

 

A社 --- (Aパターン)
買取価格:0円
費用:9800円
誰もが名前を知っている大手中古車販売業者です。
自動車税の還付と相殺して残った分が手取りになるという説明でした。
年度末など自動車税の還付があまりない時期に手放す場合、費用を払って廃車にしてもらうことになります。
販売がメインなので、廃車についてはこのような扱いになるようです。
処分から廃車手続きまで一式を外部委託する仕組みであれば、このような見積もりになるのかもしれません。

 

B社 --- (Bパターン)
買取価格:0円
費用:0円
「タダで廃車にしてあげますよ。」というパターンで、自動車税の還付分が手取りになります。
街の修理業者等に普通に依頼した場合、もっとも多いパターンだと思われます。
近所の業者に出向いてこう言われたら、他をあたるのも面倒ということで、その場で依頼する人も多いのではないでしょうか。

 

C社 --- (Cパターン)
買取価格:5,000円
費用:0円
解体業者の買取価格よりかなり安い設定となっています。
値段の付かない車に対する「気持ち」といった感じの価格でしょうか。
てっきり費用がかかると思いこんでいた人は、少しでもお金が戻ってくるということで、喜んで依頼すると思います。

 

D社 --- (Cパターン)
買取価格:27,000円
費用:0円
車の状態に関係なく、年式で買取価格が決まるという説明でした。
解体業者が買い取る金額を基に算定した価格だと思われます。

 

E社 --- (Cパターン)
買取価格:30,000円
費用:0円
解体業者が買い取る金額より少し高い気がしますが、鉄の価格はかなり変動するようなので、D社との価格差は誤差の範囲と思われます。

 

F社 --- (C・Dパターン)
買取価格:50,000円
費用:0円
この金額になると、単にスクラップとして売っただけでは足が出てしまうはずなので、一部の部品を市場で取引することを考慮していると思われます。
また、転売する可能性もあります。

 

G社 --- (Dパターン)
買取価格:120,000円
費用:0円
かなり遠方(300km以上!)の業者です。
最初の定型メールでの買取価格は0となっていましたが、電話で車種・年式を伝えたところ、一気に状況が変わりました。
30分ほどたった後、再びメールで見積もりを伝えてきたが、100,000円でした。
正直な話、一瞬、文面に記載された金額の桁数を数え直してしまいました。
この価格になると、間違いなく転売でしょうけれど、実は、この時点まで、自分の車が中古車としての価値があるとは全く思っていませんでした。
この後の電話で2万円ほど上乗せがあり、結局120,000円となりました。

 

H社 --- (Dパターン)
買取価格:120,000円
費用:0円
けっこう近くにある(数km)業者です。
最初に出してきた買取価格は20,000円でした。
上記G社の価格を伝えたところ、なんと!10万円上乗せした価格を提示してきました。
この時点で、転売であるという意思表示がありました。
需要のある車種の場合、競ってもらうと価格が上がる場合があるということがわかりました。


【カーネクスト】
事故車や不動車でも全国対応で買取可能!

廃車はもとより、事故車や不動車でも買取可能です。
廃車レッカー代、手続き代行料などの費用も無料です。
高額の査定額が期待できるので、多数の査定サービスを依頼する時には外せません。
【事故車買取のタウ】
事故車買取シェア№1の事故車買取のパイオニア!

年間5万台の事故車買取実績があり、高額買取が期待できます。
全国無料出張査定が可能です。
レッカー代、手続き代行料の費用もかかりません。
【カービューの事故車査定】
事故車や不動車でも全国対応で買取可能!

事故車・不動車買取専門店が査定するので、高額査定が期待できます。
390万人超の利用実績があるので安心です。
有名店から地域密着専門みせまで、自宅近くの専門店が見つかります。