廃車の見積もり結果のまとめ

見積もり結果のパターン

廃車

先に結果を書いてしまいますが、見積もり結果は、次の4つのパターンに分類できるようです。

 

A) 解体費用とスクラップ代を相殺して0(ゼロ)とし、廃車手続きにかかる費用が別途必要となる。
ユーザーから見れば最悪ですが、これを受け入れて、払わずに済むお金を払っている人は少なくないと思われます。
「車はタダで処分してあげるから、廃車手続きにかかる費用は払ってね。」ということになります。
ただ捨てるだけであれば確かに処分費用はかかりますが、実際には解体業者に買い取ってもらえるので、こんな損な話はありません。

 

B) 解体費用、スクラップ代、廃車手続き費用を相殺して、廃車費用一式を0(ゼロ)とする。
「タダで廃車にできますよ。」というパターンで、費用がかかると思っていたユーザは得したような気分になります。
ちなみに、最初の車を廃車にした時、自分もそうでした。

 

C) スクラップ代から解体費用と廃車手続き費用を引いた金額を戻してくれる。
最近はネットでも情報が収集できるようになったため、廃車にする車を買い取ってもらえることを知っているユーザーも少なくありません。
それを承知で、最初から買取価格を提案してくる業者もあります。

 

D) 中古車として買い取ってくれる。
いったん廃車にしますが(一時登録抹消)、その後、中古車として転売するようです。
ある程度人気のある車種に限られるかもしれませんが、中古車としての買取なので、戻ってくる金額はそれなりに多くなります。


自分の車はどのパターンか?

廃車

いろいろなパターンがありますが、どれがいいかについては一目瞭然です。

 

ただ、いい条件を引き出すためには、それなりに需要のある車種でないと厳しいと思われます。

 

自分の車がDパターンでいけるかどうかはわかりませんが、いろいろな業者に当たる手間をかけるだけの価値はあると感じとっていただけたらと思います。

 

それにしても、どんな状態の車でも、スクラップ価値という点からみれば、少なくともCパターンにはなるのではないでしょうか。


 

【カーネクスト】
事故車や不動車でも全国対応で買取可能!

廃車はもとより、事故車や不動車でも買取可能です。
廃車レッカー代、手続き代行料などの費用も無料です。
高額の査定額が期待できるので、多数の査定サービスを依頼する時には外せません。
【事故車買取のタウ】
事故車買取シェア№1の事故車買取のパイオニア!

年間5万台の事故車買取実績があり、高額買取が期待できます。
全国無料出張査定が可能です。
レッカー代、手続き代行料の費用もかかりません。
【カービューの事故車査定】
事故車や不動車でも全国対応で買取可能!

事故車・不動車買取専門店が査定するので、高額査定が期待できます。
390万人超の利用実績があるので安心です。
有名店から地域密着専門みせまで、自宅近くの専門店が見つかります。